「ほとんど・ほぼ」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「ほとんど・ほぼ」という英語表現です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「ほとんど・ほぼ」英語の色々な言い方 例文とその意味

almost
意味「ほとんど」「ほぼ」「もう少しで」「だいたい」
物事の進行や数、計量などを表現する時に使われます。
例文:
"It's almost noon."
「ほぼ(もうじき)昼(正午)だ。」
"It's almost ready."
「それはほとんど準備出来た。それはほぼ仕上がった。」
"Are you done?" "Almost."
「終わった?」「ほとんどね。」
"It's almost there."
「もうすぐそこだ。」
どこか目的地を目指してる時や、何かを仕上げている時などに使えます。
"She is almost like a mother to me."(*類似)
「彼女は私にとってほぼ母親みたいな人だ。」
pretty much
意味「ほとんど」「 ほぼ」「だいたい」
このprettyは可愛いではなく、considerable(かなりの)という意味になります。
例文:
"It's pretty much the same."
「それはほとんど同じだ。」(*類似)
"Are you finished with your homework?" "Pretty much."
「あなた宿題終わったの?」「ほとんどね。」
"That's pretty much it."
「まさにその通り。そんなところだ。ほとんどそうだ。」
"He's pretty much like a child."
「彼はほとんど子供みたいだ。」
"Kids are pretty much done eating dinner."
「子供達はほとんど夕食を食べ終わった。」
nearly
意味「ほとんど」「 ほぼ」「だいたい」
almostとだいたい同じように使えますが、almostやpretty muchと違って*類似に対しては使えません。
例文:
"It’s nearly 8 o’clock."
「ほぼ8時だ。」
"We nearly missed the train."
「私たちは電車にほぼ乗り遅れるところだった。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話