「話したくない」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「話したくない」という英語表現です。

日常会話でよく登場する覚えておくととても便利な表現なので暗記しましょう。ただ単に「話したくない」と言いたい時や、 色々なシチュエーションでのいい方をマスターしましょう。

「話したくない」英語の色々な言い方 例文とその意味

don't want to talk
意味「話したくない」「喋りたくない」
話したくない、その事について話したくない、今は話したくない、などといいたい時に使えます。
例文:
"I don't want to talk about it."
「それについては話したくない。」
何かを聞かれて、その事について話したくない時に使えます。
"I don't want to talk now."
「今は話したくない。」
don't feel like talking
意味「話したい気分ではない」「喋りたい気分ではない」
例文:
"I don't feel like talking to you."
「あなたと話したい気分ではない。」
"I don't feel like talking to anyone right now."
「今は誰とも話したい気分ではない。」


don't ask
意味「訊かないでくれ。」「言いたくない」
何かを話したくない時などに使えます。また、聞いた人が訊きたくないような話しの場合にも使われます。
例文:
"How did you do on your test? " "Don't ask."
「あなたテストはどうだった?」「訊かないでくれ。/言いたくない。」
it’s a long story
意味「それは長い話しになる。」
手短に説明出来ない何か複雑な話しなど、その場で話したり説明するのには不都合な場合に使える表現です。
例文:
"Why did you quit your job?" "It’s a long story."
「何故あなたは仕事を辞めたの?」「それは長い話しになる。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話