〜だと感じる〜の気がする 英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「〜だと感じる/〜の気がする」という英語表現です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「〜だと感じる/〜の気がする」英語の色々な言い方 例文とその意味

feel 〜
意味「〜だと感じる」
気分を表す時、気持ちを表現する時、「〜だと感じる」「〜の気がする」など
例文:
I feel dizzy.「くらくらする。」
I feel fine.「(気分が)大丈夫だ。」
I feel dissapointed. 「がっくりだ。」
I feel reponsible for my brother.「兄/弟に対して責任があるように感じる。」
I feel I'm being used by my co-worker.「同僚に利用されている気がする。」
I feel like dying.「死にたい気分だ。」
I feel like punching a wall. 「壁を殴りたい気分だ。」
You make me feel better. 「あなたは私の気分を良くする。」
He makes me feel guilty when I don't do what he wants.「彼のして欲しい事を私がしないと彼は私をやましい気持ちにさせる。」

feelの更なる使い方は、動詞のページで紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話