「仲がいい/仲が悪い」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ 「仲がいい/仲が悪い」を言いたいときの英語表現と例文です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「仲がいい/仲が悪い」英語の色々な言い方・例文

be close (to)
意味「仲がいい」
否定形を使えば仲が良くない(近い仲ではない)、という意味で使えます。
例文:
"I'm very close to my family."
「私は家族ととても仲がいい。」
"My sister and I are very close."
「私の姉(妹)と私はとても仲がいい。」
"I'm not that close to my brother."
「私はそれほど兄(弟)と仲が良くはない。」
close friend
意味「親友」「親しい友達」
get along (with)
意味「仲がいい」「うまくやる」
否定形を使えば仲が悪い、うまくやれないという意味で使えます。
例文:
"I get along well with most of my classmates."
「私は殆どのクラスメイトと仲がいい。(うまくやっている)」
"They'll get along just fine."
「彼らは仲良くやっていけるだろう。」
"Why can't we just get along?"
「何で私たちは仲良くやれないんだ?(何で私たちはうまくやっていけないんだ?)」
"I don't get along with my roommate."
「私はルームメイトと仲が悪い。」
"My cat is not getting along with new kitten."
「私の猫は新しい(新しく迎えた)子猫と仲が悪い。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話