「考えてみます」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「考えてみます」という英語表現です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので暗記しましょう。即答したくない時やはっきり断りずらい時などにも使える便利な表現です。

「考えてみます」英語の色々な言い方 例文とその意味

I'll think about it. (I will think about it.)
意味「考えてみます」「ちょっと考えてみます」
とてもよく使われる表現で、たとえばお店で『これはどうですか?』と勧められてその場で決められなかった時などに使えます。
例文:
"You should join our club." 「あなたは私たちのクラブに参加するべきよ」
返事:"I'll think about it." 「考えてみます」
Let me think about it.
意味「考えさせて」「ちょっと考えさせて」という表現です。
例文:
"Why don't you try our new system. It's free for 30 days." 「私たちの新しいシステムを試してみてはどうですか?30日間タダですよ。」
返事:"Let me think about it." 「考えさせて」


Give me some time to think about it.
意味「私に少し(いくらか)考える時間を下さい」
I'll think it over.
意味「よく考えてみます」
think it over は think about it よりも「よく考えてみる、じっくり考えてみる」という意味で使われます。
"I need some time to think it over."
「私にはいくらか考える時間が必要です。」
Let me think it over.
意味「よく考えさせて」
Let me sleep on it.
意味「よく考えさせて」
一晩寝てゆっくり考えてから決断するといった意味合いで、これも「よく考えさせて」という表現です。
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話