「〜のほうがいい」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「どちらかというと」という英語表現です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「〜のほうがいい」英語の色々な言い方 例文とその意味

rather
意味(どちらかというと)〜のほうがいい
どちらかというと〜の方がいいという意味合いです。
例文:
I'd rather stay home than go out. 「私は(どちらかというと)外出するより家にいたい。」
I'd rather not talk about it right now. 「今は(どちらかというと)その事について話したくはない。」
I'd rather be alone. 「(どちらかというと)ひとりでいたい。」
"I want to be alone."ひとりでいたい、や"Leave me alone."ほっといてくれ、ひとりにしてくれ、
という表現と比べると、I'd rather be alone. はもう少し婉曲的な表現です。
prefer
意味(どちらかというと)〜の方がいい、〜の方が好きだ
preferは比較する対象がある前提で使う事で(どちらかというと)〜の方がいい、好きだという表現で使えます。
例文:
I prefer apples to oranges. 「オレンジよりも林檎が好きだ。」
I prefer fish over beef . 「牛肉より魚が好きだ。」
I prefer to read than to watch television. 「テレビを観るより読書をする方が好きです。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話