「〜だと思う」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「〜だと思う」という表現です。

確定している事というよりそう思ってる、考えてる、感じている事を表現する時に使う言い回しです。
日常会話でよく登場する覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「〜だと思う」英語の色々な言い方 例文とその意味

think 〜
意味「〜だと思う」
thinkには考える、という意味の他に「〜だと思う」という意味もあります。「〜だと思う」と自分の意見を言う時によく使われます。
例文:
I think he likes me. 「彼は私の事が好きなんだと思う。」
I think it's going to rain.「雨が降ると思う。」
He thinks I'm a liar. 「彼は私の事を嘘つきだと思ってる。」
I believe 〜
意味「〜だと思う」
"believe"は信じるという意味の他に「〜だと思う」という意味もあります。
例文:
I believe it might rain. 「雨が降るかも知れない(と思う。)」
I believe she might not pass the test.
「彼女はテストに受からないと思う。」


I guess 〜
意味「〜だと思う」
"guess"には推測するという意味の他に〜だと思うという意味もあります。
例文:
I guess you're right about it. 
「あなたが(それについて)正しいんだと思う。」
I guess this won't stop.
「これは止まらないと思う。」
I guess I'll never be able to convince them.
「私に彼らを説得する事は出来ないと思う。」
feel 〜
意味「〜だと思う」
"feel"には感じるという意味の他に〜だと思うという意味もあります。(気持ちで感じる=だと思うというニュアンス)
例文:
He feels he must go to France. 
「彼はフランスに行かなければならないと思っている。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話