「信じられない」英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ 「信じられない」を言いたいときの英語表現と例文です。

日常会話でよく使われる表現の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので英単語・イディオムの意味だけでも暗記しましょう。

「信じられない」英語の色々な言い方・例文

can't believe
意味「信じられない」
いい意味の時も、悪い意味の時も使えます。
例文:
"I can't believe it/this/that!"
「それ/これ/あれ 信じられない!」
"I can't believe this is happening!"
「こんな事が起こっているなんて信じられない!」
"I can't believe you've done this."
「あなたがこれをやったなんて信じられない!」
"I can't believe you said that!"
「そんな事言うなんて信じられない!」
I don't believe it/this/that!
意味「信じられない」
感嘆符「信じられない!」という言い方で、can't と同じようにこちらも良く使われます。
例文:
"Look over there! It's Brad Pitt! I don't believe it!"
「あそこ見て! あれブラッド・ピットだよ! 信じらんない!」
unbelievable
意味「信じられない」
いい意味の時も、悪い意味の時も使えます。
例文:
"(This is/That's/It's) unbelievable!"
「(これは/あれは/それは)信じられない!」
"You are unbelievable!"
「あなた信じらんない!」
いい意味、悪い意味、皮肉など色々な意味で使われます。例えば、難しいゴールを決めた時だったら「凄い、凄すぎる!」というニュアンスになりますが、 達成出来そうにもない事を人に押し付けようとしている場合に使われれば、「狂ってる、ありえないでしょう」というニュアンスにもなります。
disbelief
意味「信じられない」
堅い表現になります。
例文:
"He stared at her in disbelief."
「彼は信じられないという顔で彼女を凝視した。」
このエントリーをはてなブックマークに追加















英会話基本 メニュー

英語の基本表現

英会話基本表現

日常英会話 日常英会話