「聞く/聞こえる」の英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「聞く/聞こえる」という表現です。

日常会話でよく使われる動詞の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので繰り返し暗唱して、使いこなせるようになるまで暗記しましょう。


「聞く/聞こえる」の言い方

hear
「聞く/聞こえる」
動詞(非継続動詞:〜することの意味では使えても、進行形は取れない動詞。)過去形「聞いた/聴いた」はheard 過去分詞は heard

listenとhearの違い

基本的なlistenとhearの違いは、
意識的、能動的に聞く listen 
自然に聞こえる、受動的に聞く hear
ただし、下に例を挙げているように、I hear you.(言いたいことは分かるよ)という能動的な使い方もあります。
例文:
I hear you.「聞いてるよ/言いたいことは分かるよ」相手に相槌として使って、「言いたいことは分かるよ」という意味で使われます。
I hear what you're saying. 「あなたが言ってる事は分かってる。」(この場合、聞こえてる=分かってると言う意味になります。)
I heard the sound.「音が聞こえた。」
I heard that!「聞こえたわよ!」例えば誰かがこそこそ自分の事を話していたのが聞こえた時などに使います。
I've heard so much about you.「あなたのことはよく伺ってます。」初対面の相手に挨拶の時に使ったりします。日本の「おうわさはかねがね」に近い表現です。
I can hear it.「(それが)聞こえるよ。)」
Can you hear me?「(私の言ってる事が)聞こえる?」
I couldn't hear what you were saying.「あなたの言っていた事が聞こえなかった。」
I hear that/I heard that
I hear that Jenny is getting married.
意味:(噂で)聞いた 現在形の場合、一人から聞いたのではなく複数から聞いていたり、現在も聞いているというニュアンスがあります。
ジェニーが結婚すると(噂で)聞いた
I heard that Jenny is getting married.
意味:(誰かに)聞いた 過去形の場合、特定の人から聞いたというニュアンスがあります。
ジェニーが結婚すると(誰かに)聞いた 
このエントリーをはてなブックマークに追加