「学ぶ/習う」の英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「学ぶ/習う」という表現です。

日常会話でよく使われる動詞の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので繰り返し暗唱して、使いこなせるようになるまで暗記しましょう。


「学ぶ/習う/習得する」の言い方

learn
「学ぶ/習う/習得する」
動詞。過去形「学んだ/習った/習得した」はlearned/learnt  過去分詞は learned/learnt
アメリカではlearnedが一般的で、イギリスではlearntが一般的

studyとlearnの違い

studyとlearnは似た意味でも使われますが、基本的なstudyとlearnの使い方の違いは、
studyは学習する過程の行動(読む、書く、暗記するなど)であるのに対し、learnは知識、技術などを習得する事、習得するために習う事を指します。
learnedが習得した事をさすのに対し、studiedは学習自体をしたことを指します。
例)I studied, but I didn’t learn anything.「勉強したが、何も習得出来なかった。」
learnは学習して習得する事だけではなく、経験や体験などで身につける事にも使えます。
例文:
I'm learning English.「英語を学んでいる。」
I want to learn English.「英語を学びたい。(習得したい。身に付けたい。)」
I learned English by myself.「自分で(独学で)英語を習得した。(身に付けた)」
I learned a new word.「新しい言葉を覚えた。(習得した)」
I've learned from my mistakes.「私は自分の間違いから学んだ。」
It takes a long time to learn a language.「言語を習得するのには時間がかかる。」
I learned how to be patient.「忍耐する事を学んだ。(身に付けた。)」
I learned to manage my time.「自分の時間を上手く使う事を学んだ。」
I learned it from you.「それをあなたから学んだ。」
You never learn, do you? 「あなたって本当に学ばないね。(懲りないね。)」
learnは(聞いて)知るという意味でも使われます。
I just learned that Tigar Woods won the tournament.「タイガー・ウッズがトーナメントで優勝したとちょうど知った。」
このエントリーをはてなブックマークに追加