「考える/思う」の英会話基本表現

初心者が覚えおけば日常英会話の実践で役に立つ「考える/思う」という表現です。

日常会話でよく使われる動詞の例文・定型文と英訳を紹介します。

覚えておくととても便利な表現なので繰り返し暗唱して、使いこなせるようになるまで暗記しましょう。


「考える/思う」の言い方

think
「考える/思う」
動詞。過去形「考えた/思った」はthought 過去分詞は thought
なにか自分の考えた事や思った事(〜だと思うよ)と言う時にはthinkを使います。
例文:
I think so.「そうだと思う。」
I don't think so.「そうだとは思わない。」
I think you should stop drinking.「あなたは飲むのを止めた方がいいと思う。」
I think you need a haircut.「あなたは髪の毛を切る必要があると思う。」
I don't think it's funny. 「それが面白い(可笑しい)とは思わない。」
I don't think you understand. 「あなたが理解しているとは思わない。」
I'm thinking about getting married. 「結婚しようと思っている。」
I'm not thinking about getting married. 「結婚しようとは思っていない。」
He thinks he's all that.「彼は自分の事を凄いと思ってる。」うぬぼれてる人に向けて
She doesn't think she can do it.「彼女はそれが出来ると思っていない。」
I thought she liked me.「彼女は自分の事を好きだと思っていた。」
I've been thinking about those things you said.「あなたが言った事をずっと考えていた。」
I've never thought about that before.「今までそんな事考えた事が無かった。」
What do you think?「どう思う?」
☆相手の意見を尋ねる時など、『どう』はhowではなくwhatを使います。
What do you think will happen next?「次に何が起こると思う?」
What are you thinking (about)?「何考えてるの?」
What were you thinking?「いったい何考えてたんだ?」誰かがなにかヘマした時など、何やってんだよ?どうしたんだよというニュアンスで使えます。
Who do you think you are?「あなた自分を何様だと思ってるの?」

thinkのイディオム

think twice
意味:慎重によく考える 考え直す 
You better think twice before making a decision.「(あなたは)決める前によく考えた方がいい。」
このエントリーをはてなブックマークに追加